婚礼打掛

日本古来より変わらぬ花嫁の心…
白無垢・色打掛・大振袖・オーガンジー

image for article
image for article
image for article
image for article
 
      一般的な角丸イメージ      
イメージ
    
     

白無垢

 
打掛から掛下、帯、草履などまで、全身を白で統一した格調高い和装を指す。
儀式で白無垢を着ることで、「邪気を払い、神聖な儀式に挑む姿」を表現。
儀式では白、祝宴では色物を着用することが、室町時代から受け継がれている和文化のしきたり。    
image for article
image for article
image for article
image for article
image for article
image for article

色打掛

 
赤やゴールドなど、白以外の色を用いた打掛のこと。
正式な和装で挙式でも着られるが、一般的にお色直しで用いられる。
地色の主流は赤。昨今では、七宝、亀甲、青海波、うろこ柄の4種類が入った縁起のよい吉祥柄などの評価が高く、高級品に。    
image for article
image for article
image for article
image for article
image for article
image for article
image for article
image for article
image for article
image for article
image for article
image for article
image for article
image for article

オーガンジー

 
いつまでも、自分らしく個性的でありたい
そんな透き通るように純粋な心の想いを風にひらめく衣にのせて
シースルーで爽やかな印象を与えるシルクオーガンジー素材を使用し、
伝統の艶やかさを損なわず、モダンな可愛らしさを表現しました。    
image for article
image for article
image for article
image for article
image for article

大振袖

 
もともとは江戸時代の武家の娘の婚礼衣裳として用いられていた正式和装で、   
昭和30年ごろまでは最も多く着られていた。
クラシックな雰囲気と凛とした立ち姿が魅力。
近年、再び注目を集め、引き振袖のなかでダントツの人気に。    
image for article
image for article
image for article
image for article
image for article
image for article

紋付・袴(男性用)

 
紋付羽織袴(もんつきはおりはかま)は、   
現在一般的に和服における男子の第一礼装とされる衣服。
ご婚礼から成人式、古典芸能などで着られている日本古来からの衣服。    
image for article
image for article
image for article
image for article
image for article
image for article
イベントカレンダー
Calendar Loading
 
トップに戻る