トップページその他>スケジュール>

スケジュール表

※この通りとまでは実際はいかないものです。参考までに御覧下さい。

※家族や先輩の意見を参考に綿密な予定を組み、準備をスム-ズに。

※重要な事柄は本人、両家の間で納得のいくまで話し合いを。

6ヶ月前

日取りの決定 式の日取りと形式、式場、予算などを両家でよく打ち合わせて決定します。
仲人の依頼 式の日取りを決定する前にお願いしておき、決定後、正式に依頼すると良いでしょう。
式場の予約 式場と披露宴会場は実際に下見したうえで、できるだけ早く予約しておきます。
ハネム-ンのプランニング 予算に合わせて日数や場所を決めます。海外の場合は、パスポ-トを取っておきましょう
式服のプランニング 和装か洋装か、お色直しの回数を決め、オ-ダ-するときは早めに注文しまします貸し衣裳店を事前に見ておくのも良いでしょう。
美容師の決定 当日の化粧と着付けをお願いする美容師を決めて予約します。当日までの美容法なども相談しておきましょう。
新居のプランニング 両親と同居か、アパ-トにするかなどによって家具の揃え方も違ってきますから早めに計画をたてます。
調度品のリストアップ 新生活に必要なものだけをリストアップします。両家の分担も話し合いましょう。
    
ページトップへ戻る

3ヶ月前

ハネム-ンの予約 宿や乗り物の予約は確実に。旅行代理店に依頼するときは、自分達の希望をはっきりと伝えて綿密な打ち合わせをします。
式服の予約 貸衣裳を予約する場合、早めに予約すれば気に入ったものが選べます。 新郎の場合サイズがあるか確認を。
職場への報告 休暇中に仕事上の不都合が起きないように上司にきちんと報告しておきましょう。
退職届の提出 結婚のため退職するなら、早めに届を出して引継ぎのことも考えておきます。
新居の決定 ライフスタイルに合わせて新居を決定します。インテリアについても考え、じゅうたんなども発注しておきましょう。
調度品の購入 家具、生活用品をリストに従って決定し購入しておきます。
お祝い品のリストアップ お祝い品の希望を聞かれたときに重ならないようにリストアップしておきます。
     
ページトップへ戻る

2ヶ月前

接待客のリスト作り 両家でよく話し合ってバランスのとれるように招待客を決めましょう。
招待状の印刷発注 文面や体裁などを決めるだけで招待状の印刷まで扱ってくれる式場が多いようです。
結婚通知状の注文 招待状と同時に頼んでおくと便利でしょう。招待客以外の人にも出すので、多めに注文しておきましょう。
引出物の選定 結婚の記念になるようなセンスのある品を選んで、およその数を注文しておきます。
仲人への挨拶 招待状ができあがったら、まず仲人のもとへ持参し、本人の略歴なども添えて、挨拶に伺いましょう。
招待状の発送 挙式1ヶ月前には先方に届くように発送します。式にも参列していただく方にはその旨を明記しておきます。宛名は必ず毛筆で
司会者の依頼  披露宴の司会は早めに依頼し、内容についておおよその打ち合わせをしましょう。
素肌の手入れを充分に 食事に気をつけ、肌の手入れ、マッサ-ジを怠りなく。美容院で全身美容を始めるのもよいでしょう。髪の手入れに気を配ることも忘れずに。
ヘアスタイルの決定 美容師と相談して、衣裳やハネム-ンに合ったヘア-スタイルを決めます。
健康状態のチェック 虫歯などは完全に治療しておきます。規則正しい生活をして体調を整えることが大切です。
     
ページトップへ戻る

1ヶ月前

結婚指輪の注文 指輪のサイズを確認しておきます。二人のイニシャルと日付を指輪の裏に入れてもらいしょう。
招待客の席順決定 両親とよく話し合って披露宴の席順を決め、会場係と細かい打ち合わせをします
披露宴会場側との打ち合わせ 出席人数、料理、写真、演出、配車などを係りの人と綿密に打ち合わせをしましょう。
祝辞の依頼 両家で人数などを相談して、それぞれ祝辞をいただけないだろうかお願いしておきましょう
お祝いのお返し選定 披露宴に招待できなかった方や欠席の方からお祝いをいただいたときはお返しを送るのは挙式後でも、品物は早めに選んでおきましょう。
ハネム-ンの服装プランニング 行き先に合わせて服装、旅行用品等をリストアップし、足りない物は購入します。
ブ-ケ、ブ-トニアの注文 新婦のブ-ケ、コサ-ジュと新郎のブ-トニアを注文しておきましょう。
かつら合わせ、美容打ち合わせ かつらは顔うつりをよく見て自分にぴったりくるものを選びます。挙式当日に必要な小物や化粧品なども美容師とよく相談しておきましょう。
手元の荷物整理 独身時代に使っていた身のまわり品を、新居に持っていく物、おいていく物、処分するものに分けて整理しておきます。
     
ページトップへ戻る

20日前

諸届の用意 婚姻届はもちろん、必要な書類は早めに取り寄せておきます。
生活用品のチェツク ハネム-ンから帰って慌てることのないよう細かい日用品なども最終的にチェックしましょう。
婚家へのお土産購入 相手の両親や兄弟への土産は、荷物送りのとき一緒におくります。ハネム-ンから帰ってからでもよいでしょう。
ハネム-ンのお土産プラン 誰と誰に必要かを考え、リストアップしておきます。
当日の各係を依頼 受付、カメラマン、連絡など当日の係を親しい人に依頼しておきましょう。
司会者との打ち合わせ 招待客特に祝辞をお願いした方や二人についてのメモを司会者に渡し、宴の進行や演出などを詳しく打ち合わせます。
全身美容のチェック 靴ダコ、マメなどは手当てをし、かかと、ひじ、襟足、背中など全身にわたって手入れをしておきます。パ-マも早めにかけておきましょう。
休暇届の提出 会社に勤めている場合は、早めに休暇届を提出しましょう。
     
ページトップへ戻る

10日~3日前

荷物送り 縁起物ですから午前中に。古いしきたりだけにとらわれないで両家で納得のいく方法を選びましょう。
式当日の小物 受付用の筆や芳名帳など、式場側とよく準備話し合って必要な物は揃えておきます。祝儀袋も当日慌てることのないように多めに準備しておきましょう。
ハネム-ン 旅行用品を点検しバックに積めておきますの準備パスポ-トや切符現金なども忘れないようひとまとめにしておきましょう。
各予約の確認 式場、車の手配、貸衣裳、ハネム-ンの宿などを手違いがないかもう一度電話で確認しておきます。
身辺の整理 過去の写真や手紙などのうち不必要な物は思い切って整理しておきましょう
墓参り、近所への挨拶 先祖に結婚の報告をしておきましょう。お世話になった近所の人にも挨拶をしておきましょう。
転出入届の提出 転出、転入届は早めに提出しておきましょう。その他の手続きで挙式前にできるものは済ませておきたいものです。
美容の最終チェック 当日、化粧ののりを良くするために、顔そりを忘れずに。パックやマッサ-ジは前日まで続けたいもの。
ガス、水道、電気の使用手続き ハネム-ンから帰ったその日から生活ができるよう、各場所に連絡し、使用手続きをしておきます。
食料品等の準備 買い置きできる食品・消耗品等を予め用意しておきたいものです。
     
ページトップへ戻る

前日

必需品のチエック 当日必要なもの、ハネム-ンにもっていくものをもう一度確認します。貸し衣裳は不備のないことを点検しておきましょう。
引き出物のチエック 頼んだ店から会場へ届いているか、数量は合っているかなどを確認します。
祝儀の用意 式場の各係り美容師、運転手、ハネム-ン先などで渡す祝儀のために新券を用意しておきましょう。
仲人、司会者への挨拶 お世話になる仲人の方や司会をして下さる方に、確認の意味も込めてよろしくと挨拶しておきましょう。
家族とのだんらん 家族水入らずで最後の夕食をゆっくりとって名残の集いを持ち、感謝の気持ちを伝えましょう。
髪の手入れ できれば美容院でシャンプ-、セットをしてもらいます。
入浴、休養 いよいよ明日ということで感情が高ぶりがちです。ぬるめの風呂に入り、早めに休むようにしましょう。
     
ページトップへ戻る

当日

両親への挨拶 朝食をきちんととり、両親、家族に心から挨拶をします。
役割の確認 会計、貸衣裳の返却、送迎など、家族や身近な人の中で分担した役割をもういちど確認しましょう。
準備した小物を各係りへ 当日はほとんど他人まかせになりがち。用意した小物を世話係に渡してお願いしましょう。
新婦の軽食用意 お色直しの間に控え室で口にできるサンドイッチやおすしなどを用意しておきましょう。
最終打ち合わせ 司会者や各世話係と会場側とで、準備や進行プランに手落ちはないか、細かいところまで確認。
     
ページトップへ戻る
Copyright (C) 1998 AngeWatanabe All Rights Reserved